忍者ブログ
魔法先生ネギま!のファンブログ。というか主に管理人作のネギま!SSを載せて行きます。
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
神楽霧月
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
さまざま…
自己紹介:
兵庫県の歌劇で有名な街出身で現在東京都渋谷区在住のぬるいオタク。
ネギま!を知ったのは実はアニメから。
ある夜、テレビを付けていたらなにやら面白そうなアニメが…それがネギま!だったのです。
そこから堕ちるのは早かった。
あっという間にオタクの道へ…
ですが実はそれ以前から801系に走っていたので、染まるのが速かった。と言うかそれ以前に染まりきっていたか。
そんな私は大学生。某私立大学で漫画研究会に所属しています。
近いうちにイベントでネギま!のSS集を出したいと思っています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/14 しょすけ]
[09/04 蛇]
[09/03 根木春野]
アクセス解析
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼に初めて出会ったのは、寒い冬でした。

その日、私は一人で出かけていました。
そして買い物を済ませて帰る道すがら、彼に出会ったのです。

彼は歌っていました。ですが、誰一人足を止めず、通り過ぎていきました。
そんな中、私は思わず足を止めて聴き入りました。
そのメロディは優しくて、そして儚げで…私は彼の歌の虜になりました。
私は言いました。「綺麗な歌…」
すると、彼は歌うのをやめ、私に言いました。
「ありがとう。お嬢さん。」
私は素直な気持ちを呟いただけでしたが、なんだか嬉しくなりました。
私はしばらく、彼の歌を聴き続けていました。


しばらく聴き続けていると、夕刻を告げる歌が聞こえてきました。
「あっ…」
私のその声を聞いて、彼は言いました。
「早くお家にお帰りなさい、お嬢さん。家族の方が心配なさらない内に。
貴方が私の歌を聴きたいときはいつでもここに来るといい。私はいつでもここにいますよ。」
そう言われても帰るのが嫌でしたが、帰り道につくことにしました。

それからの私は、毎日彼の歌を聴きに行きました。
彼は、毎日変わらない歌声で歌い続けていました。
私はずっと聴き続けていました。


ですが、別れは唐突に訪れました。
その日、いつも彼が歌っているところへ行くと、一枚の手紙がありました。
そこにはこう書いてありました。

『親愛なるお嬢さんへ。
 きっとこの手紙を見ているころ、私は貴方の前から居なくなっているでしょう。
 私が貴方を裏切ってしまうことを許してください。
 貴方が私の歌を「綺麗」だと言ってくれた事、とても嬉しかったです。
 貴方の心に、いつまでも私の歌が残ってくれることが、私の生きていた証です。
 どうか忘れないでいてください。
 貴方の心に、いつまでも私の歌が残りますように…』

名前は書いてありませんでした。
気がついたら、私の足元に3つ、雫の落ちた跡がありました。
それを見て、私は泣き崩れました…




「…こんな話があったの。」
「へぇ~なんか凄いいい話じゃない。」
なかなか好印象!すかさず私は提案した。
「でね、今度この話を台本にしようと思うんだけど…どうかな?」
「いいんじゃないの?ただ結構広げていかないとダメかしらねぇ…」
「やっぱりそうかなぁ…」
…予想通りのことを言われてしまった…。
ま、さすがにこの話が自分の過去だ~なんていえるはずないし…
台本化はもう少し先の話かな。


End...


ということで今回新年一発目の小説はオリジナルでしたがいかがでしたでしょうか?
短いのを書こうと思っていたので思い切り短くしています。
こんな歌手の話があってもいいんじゃないか?的な感じで書きました。
もう一本くらい書こうかな?(原稿は!?)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]


TOP